▼A2Cの競馬点2004年
 2004年的中一覧
フェブラリーS スプリンターズS × ◎的中、儲け有り
○的中、儲け無し
×外れ
高松宮記念 × 秋華賞
桜花賞 × 菊花賞 ×
皐月賞 天皇賞・秋 ×
天皇賞・春 × エリザベス女王杯 ×
NHKマイルC マイルCS ×
オークス × ジャパンCダート ×
日本ダービー × ジャパンカップ ×
安田記念 × 阪神JF ×
宝塚記念 × 朝日杯FS ×
有馬記念 ×

回収率

37.6%
(購入金額66200円 回収金額24900円)

的中率

3.0%
(予想(購入)数134 的中数4)


 ◆本年度反省会◆
 ・・・・無惨。
馬券人生を始めて、過去最低の成績になってしまった・・・。
 2004年はコスモバルクをひたすら追いかけていましたが
G気任老覯未鮖弔擦覆ったため、A2Cの馬券収支にモロに跳ね返っております。
しかしだ!好きな馬から買いたいんだよね〜。予想は負けると思ってても(苦笑)

 予想については、馬体重や展開の面など
少しは見方などがわかってきたのか、馬の買うべき時、切るべき時の
見極めが少しだけ見えてきたような気がしている。
さすがに数年もやっていれば自分なりのジンクスなどもできているので
2005年はそういう事に従って、予想をしていこうかなと思います。
 今までは前日に予想して、そのまま馬券を買っていましたが
馬体重発表後に予想を変更などもしようと思う。

 馬体重を見てこりゃダメだ、と思ったら変えていこう。
そうすれば少しは収支が上向きになるでしょう。(裏目になるかもしれんが)

 2005年こそ収支100%以上を!


 下に行くほど過去のレースです


有馬記念
(G機

 2004.12.26
 
◆予想と理屈◆
 いよいよ今年最後の予想である。
個人的に今年の競馬は彼一色だった。
その為にハズし続けている結果になっているが
どうしてもこういう買い方を優先したくなる性格なのである。
本命◎コスモバルク(馬番4)
 地方馬というハンデを乗り越え、戦い続けた男である。
G気任呂△醗貶盖擇个困箸いΨ覯未覆ら
強さは確実に見せ続けてきた。
 今年はバルクと共に走り続けたのだから
最後は勝つも負けるもバルクで!
馬単でラスト勝負!
 王道制覇を狙うゼンノロブロイ (馬番1)
 ステイヤーズSの勝利が圧巻だったダイタクバートラム(馬番8)
 現役最強の座は譲れないタップダンスシチー(馬番9)
 菊花賞馬を侮るなデルタブルース(馬番10)
 堅実な末脚でツルマルボーイ(馬番13)
 中山の2500mなら要注意コイントス(馬番14)
 砂の王者が再び芝の頂点に挑むアドマイヤドン(馬番15)
以上7点。
 なおヒシミラクルは、とても気になるのだが
寒い時期のサッカーボーイ産駒は消し

という個人的な法則があるため今回は見送り。
春の天皇賞でミラクルを見せて欲しい。

馬単:1−4 4−8 4−9
    4−10 4−13 4−14 4−15
各500円
◆結果と言い訳◆
 1着 ゼンノロブロイ
 2着 タップダンスシチー
 3着 シルクフェイマス
的中なし


 ゼンノロブロイ見事王道完全制覇!
正直なところ、JCの後もロブロイの強さには懐疑的でした
だっていままで勝ちきれなかったじゃないか!(苦笑)
ロブロイにはいい加減に素直に謝ります。
強かった〜。
 そして2着タップダンスシチー。
完全なデキではなかったハズにも関わらず
2着というのは、やはり強い!
現役続行ということなので、今後も期待します。
 そして我が本命馬コスモバルク。
見せ場なく終わってしまいましたが
過酷な条件で一年間よく走りきりました。
一年追いかけて、そのおかげでG気亮支は散々でしたが(笑)
しかしJCでみせた凄まじい勝負根性は
2004年癸韻料りだったと思っています。
 来年こそG祇覇だ!

<今回の回収>
購入金額:3500円
回収金額:0円

朝日杯FS
(G機

 2004.12.12
◆予想と理屈◆
 ここ10年、連帯率90%と1番人気の信頼度が高い本レース
混戦といわれる今年は、それに当てはまるのか?
 1番人気はおそらくペールギュント。
ペースが速くなるであろう展開、有利な内枠
そして彼の差し脚を考慮すれば、よほどの不利でもない限り
信頼していいだろう。というわけで
本命◎ペールギュント(馬番2)
厳しい流れ、坂、距離も1800mまで経験し実績を残してきた差し脚
先行有利な中山でも、ペースが速くなる本レースは
やはり強烈な決め手を持つ馬が勝ち負けになる。
ならば1番人気の信頼度も加わって、本命で間違いない!
 彼から馬連で6点。
 京王杯2歳Sの決め手は圧巻スキップジャック(馬番4)
 33秒3の決め手があるマイネルレコルト(馬番7)
 スピードと粘りは一級品ストーミーカフェ(馬番8)
 豊富な経験が活きれば一発も?!シルクネクサス(馬番9)
 デムーロの腕で好位から抜け出し・・・という線も?エイシンヴァイデン(馬番10)
 展開がはまれば逆転もあるマイネルハーティー(馬番12)

馬連:2−4 2−7 2−8
    2−9 2−10 2−12
各500円
◆結果と言い訳◆
 1着 マイネルレコルト
 2着 ストーミーカフェ
 3着 ◎ペールギュント
的中なし


 うわ・・・3着か・・・・。
 勝負所で「早すぎるか?」と
思われるタイミングで抜け出したレコルト
他の馬が動いた時動かずに下がって直線に賭けたペールギュント
この判断の差が結果に出たレースでした。
あそかから3着に届くのはさすがだが
勝つためにもう一工夫して欲しかったな〜。
 それにしても上位人気3頭で決めた1,2,3着。
彼等の強さは確実に感じ取れました。
来年も注目です。

<今回の回収>
購入金額:3000円
回収金額:0円

阪神JF
(G機

 2004.12.5
◆予想と理屈◆
 正直なところ、このレースは予想が難しいです。
デビューして日も浅く、デリケートな2歳牝馬達が
能力を発揮して走るかわからないし
秘めた能力もまだまだわからない。
 そんなわけで、その完成度から一番人気必至の
ラインクラフトから買うかが悩み所。
今年のA2Cの収支は散々なので、ここは勝負しようかと思います。
 本命◎ライラプス(馬番17)
阪神コースと1600mの経験があるのは強み
ラインクラフトという目標を見据えて差しにゆくと考えれば
これは武豊騎手の十八番といえないか?!
阪神の外枠は不利ではあるが、去年の上位は全て外枠の馬。
流れが速くなる展開、騎手の駆け引き、総合すれば充分に
逆転も可能!と信じて馬連で
 6戦のキャリア、4着以下無しカシマフラワー(馬番1)
 能力は文句無く1番ラインクラフト(馬番3)
 33秒台の脚が炸裂すればショウナンパントル(馬番5)
 阪神経験と安定度でリヴァプール(馬番12)
 雨を経験しているのでもしかすると・・・デアリングハート(馬番14)
 スタートの巧さとアンカツの腕をかってモンローブロンド(馬番15)
以上6点。
 はまれば今年の収支も一気に逆転だ!(笑)

馬連:1−17 3−17 5−17
    12−17 14−17 15−17
各500円
◆結果言い訳◆
 1着 ショウナンパントル
 2着 アンブロワーズ
 3着 ラインクラフト
的中なし


 またやっちまったー!
実を言うと最後まで本命にするか迷ったのが
今回勝ったショウナンパントル
やっぱり阪神は内側を信用すべきだったか・・・。
 しかし仮にパントルを本命にしていても
2着のアンブロワーズを切ってるから
どのみち馬券はハズレか・・・。
 今年のハズレっぷりは、馬券を初めて最低だな〜。
あと2レースで、せめて回収率を70%に・・・
それもキビシイほどひどいな・・・。

<今回の回収>
購入金額:3000円
回収金額:0円

ジャパンカップ
(G機

 2004.11.28
◆予想と理屈◆
 本命◎コスモバルク(馬番10)
力はあるモノのG気任肋,舛れなかった彼に
今回騎乗するのはルメール騎手。
勝ちきれなかった馬に外国人騎手の乗り代わり
これは勝つパターンです!

(まあ乗り代わりがなくても、本命は変わらないけど)
 バルクの勝利を祈りつつ、心中するつもりで馬単で!
 菊花賞は長すぎた!2400mなら侮れないハーツクライ(馬番3)
 東京のトニービン産駒は要注意ナリタセンチュリー(馬番4)
 菊花賞馬も侮れないデルタブルース(馬番7)
 日本総大将ゼンノロブロイ(馬番9)
 堅実な走りのホオキパウェーブ(馬番14)
以上馬単5点とさらにワイドを少々。
 外国馬は内側からという法則(A2Cが勝手に提唱している法則)から
ポリシーメイカーと思ったが、サドラーズウェルズ産駒は日本ではダメ
というデータに基づいて消し
外国馬総大将のパワーズコートも同じ理由と外枠で消し。
 その結果繰り上がりでリュヌドール(馬番2)
 ノーマークになので、3着までならあり?とエルノヴァ(馬番8)
 左回りで一変?と考えたが菊花賞は負けすぎなので評価を下げて
3着までならと考えハイアーゲーム(馬番12)
 合計8点、金額を400円に下げて買います。
(今年は負けが込みすぎなのでせこく・・・))

馬単:3−10 4−10 7−10
    9−10 10−14
ワイド:2−10 8−10 10−12
各400円
◆結果と言い訳◆
 1着 ゼンノロブロイ
 2着 ◎コスモバルク
 3着 デルタブルース
的中なし


 馬連にしておけば・・・・。
 しかし!負け惜しみに聞こえるかもしれないが
A2Cは清々しい気持ちです。
直線ポリシーメイカーにかわされたかに見えたコスモバルク
その瞬間差し替えしてそのまま2着!
2着に敗れたものの、バルクの強さを見せつけてくれました!
 あの走りを見ただけで、満足した気分です。
(そりゃまあ、馬券が当たれば言うことないですが(笑))
 ところで外国馬総大将のパワーズコート
A2Cの予想通り10着と大敗。やはりサドラー産駒はダメなんだ
と思いきや外国馬最先着は4着のポリシーメイカー。
外国馬は内側から、の法則があてはまりました。
 血統云々よりも優先の法則なんだな〜。

<今回の回収>
購入金額:3200円
回収金額:0円

ジャパンCダート
(G機

 2004.11.28
◆予想と理屈◆
 日本初の国際G菊影開催!まずはJCダートから。
 どう考えても本命◎アドマイヤドン(馬番10)しかないでしょう。
もし負けるならそれはしょうがない
負ける姿が浮かばないので馬単で!
 マイペースで逃げられるなら粘りをみせるか?!ナイキアディライト(馬番1)
 距離は長い気がするがデムーロ騎手の腕でなんとか?ユートピア(馬番5)
 近走の堅実さ、東京2100m経験を買ってハードクリスタル(馬番9)
 外国馬はアメリカの馬が怖いトータルインパクト(馬番11)
 堅実な走りのタイムパラドックス (馬番14)
 未知数だけに何かがあるか?ローエングリン(馬番16)
以上6点。

馬単:1−10 5−10 9−10
    10−11 10−14 10−16
各500円
◆結果と言い訳◆
 1着 タイムパラドックス
 2着 ◎アドマイヤドン
 3着 ジンクライシス
的中なし


 馬連にしておけば・・・・。
 まあこれは言い出したらキリがないので仕方がないですな。
それにしても怖ろしきは、タイムパラドックスの武豊騎手の好騎乗。
日本のダート戦線トップクラスの馬とはいえ
アドマイヤドンを負かす為の騎乗をやってのけるんですから
おそれいったとしか言いようがありません。
 今年のG気呂い泙い舛世辰燭里法△海海僕茲鴇,舛世垢箸いΔ里
やっぱり凄いよな〜。

<今回の回収>
購入金額:3000円
回収金額:0円

マイルCS
(G機

 2004.11.21
◆予想と理屈◆
 本命◎ファインモーション(馬番5)!
 もう彼女がいる以上予想なんてできません。
勝つと祈って勝つと信じて珍しく馬単で勝負!
 去年の覇者、G毅艦帯中のデュランダル(馬番7)
G毅犠,粒姐馭ラクティ(馬番3)は当然おさえます。
 ダンスインザムード(馬番15)はね〜、わかりづらいんだけど
まともに走ればあるかな?という消極的なおさえ
穴期待は以下3頭。
 近走大崩れのない大崩れなマイネルソロモン(馬番4)
 好位からレースを進められそうなメイショウボーラー(馬番11)
 一発の切れが期待できそうなアドマイヤマックス(馬番12)
以上6点。

馬単:3−5 4−5 5−7
    5−11 5−12 5−15
各500円
◆結果と言い訳◆
 1着 デュランダル
 2着 ダンスインザムード
 3着 テレグノシス
的中なし


 やっぱりデュランダルか・・・。
 ファインモーション9着・・・やっぱり馬群に包まれると
かかっちゃうからダメか・・・・。
正直馬券は外れてもいいから、ファインに勝って欲しかった・・・。
 今回で引退?との報道もあるけどどうするのか?
まだ走るなら、本当はダメかな?と思いつつも
ファインモーションを本命に据えるんだろうな・・俺は。
 それにしてもデュランダル、本当に強い。
そしてダンスインザムード、彼女は本当にわからないな〜。

<今回の回収>
購入金額:3000円
回収金額:0円

エリザベス女王杯
(G機

 2004.11.14
◆予想と理屈◆
 本命ファインモーション、と思っていたのだが
回避してマイルCSに出走と言うことなので
上位人気を占めるであろう3頭を考えてみる
 どの馬も京都は得意、前走内容も申し分ない
アドマイヤグルーブの中1週が気になるので、評価は下がるかな・・・。
 考えた末京都4戦全勝の実績を買って
本命◎スイープトウショウ(馬番7)
 追い込んで確実に伸びてくる脚があるので
連帯は確保するとみて、彼女から馬連3点
ディフェンディングチャンピオン、アドマイヤグルーヴ(馬番12)
去年の三冠牝馬スティルインラブ(馬番15)
ペリエの腕を買ってエルノヴァ(馬番17)
 さらに
馬体重が回復すれば期待できるレクレドール (馬番6)
距離延長歓迎ヤマニンアラバスタ (馬番8)
軽視すると怖い外国馬ウォートルベリー (馬番16)
いつものようにワイドに3点で2点的中狙い。
 ささやかでいいので、プラス終始を・・・。

馬連:7−12 7−15 7−17
ワイド:6−7 7−8 7−16
各500円
◆結果と言い訳◆
 1着 アドマイヤグルーヴ
 2着 オースミハルカ
 3着 エルノヴァ
的中なし


 またレース前にダメだ、と思わされてしまった・・・・。
 ゲート入りどころか本馬場入りまで嫌がっているスイープトウショウ
いくら何でもやばくないか?と思いましたよ。
しかし、猛烈に追い込んで5着まで来るのは強さの証明と
言えるとは思いますが、あの展開で出遅れから差しきるには
ちょっと無理というところかなぁ・・・。
 それにしてもアドマイヤグルーヴ
中一週なんて気にする必要なかったですねぇ・・・
牝馬同士なら負けないよ、と言っているかのように
鮮やかな連覇を達成してしまいました。
武豊は4連覇ですか。すごいよなぁ・・・・。

<今回の回収>
購入金額:3000円
回収金額:0円


天皇賞・秋
(G機

 2004.10.31
◆予想と理屈◆
 大本命キングカメハメハ屈腱炎で引退。
これにより混戦ムードが高まった今年の天皇賞・秋
いい意味でも悪い意味でも一癖も二癖もあるメンバー(笑)で
予想も非常に難しく、候補をあげると数が増えすぎるので
難癖をつけて数を減らしたいと思う
 テレグノシスは2000mは長い、よって消し。
 ツルマルボーイは雨で馬場が悪化で出番無し。(当日微妙な天気だが)
 ダンスインザムードは、調子が狂った牝馬は簡単には立ち直れない
(ファインモーションだってそうだったし)よって消し。
 アドマイヤグルーヴも、今回の牡馬相手では今ひとつ、と見て消し。
 これでA2Cの候補がやっと8頭まで削れたので
その中から安定度を重視して選んだ本命は
◎シルクフェイマス(馬番12)
ローエングリンがマイペースで逃げるであろう今回の展開は
差し馬が多い有力馬の中で、好位から脚を伸ばす彼に有利。
後が牽制し合っている間に、見事勝ちをさらうと判断。
大崩しない堅実さに期待します。
 フェイマスから馬連3点
マイペースで逃げられる今回ならローエングリン(馬番10)
ペリエの腕で、勝負弱さをカバーするかゼンノロブロイ(馬番13)
アンカツを背にしていよいよG誼ゼ茲リンカーン(馬番16)
さらにワイドで4点
2000m東京巧者のシェルゲーム(馬番3)
前走レコード勝ちで復活の狼煙を上げたサクラプレジデント(馬番9)
トニービン産駒の東京の強さを期待してナリタセンチュリー(馬番11)
安定度なら引けを取らないバランスオブゲーム(馬番15)
以上7点、2点的中だと嬉しい!

馬連:10−12 12−13 12−16
ワイド:3−12 9−12 11−12 12−15
各500円
◆結果と言い訳◆
 1着 ゼンノロブロイ
 2着 ダンスインザムード
 3着 アドマイヤグルーヴ
的中なし


 馬体重発表の時点で「ダメだ」と思いましたよ。
休み明けで体重が減ってるんだもんな〜
休み前の体重が重すぎたわけでもないのに
馬体重がマイナスでは勝負にならないよな〜。
 同じ理由でリンカーンも来ないと予想しましたが、その通り。
 勝ったロブロイについては、なんの不思議もないのですが
2,3着に牝馬2頭とはなんとも・・・。
 雨上がりで稍重まで回復していた馬場ですが
なぜか内側が伸びるという状態。
 逃げたローエンを後からピッタリと追いかけた2頭が
2,3着を確保というのは、やはり騎手の腕なのかな〜?

<今回の回収>
購入金額:3500円
回収金額:0円


菊花賞
(G機

 2004.10.24
◆予想と理屈◆
 本命◎コスモバルク(馬番15)
 気性的に3000mは疑問視する声が多い彼ではありますが
「強い馬が勝つ」と言われる菊花賞
今年の出走18頭で、最も強い馬はコスモバルク
俺は信じてます!
 コスモバルクから3連服で
朝日杯CCを制したスズカマンボ(馬番4)
前走バルクに迫った剛脚をかってホオキパウェーブ(馬番5)
ダービー2着ハーツクライ(馬番10)
血統的な期待で3着までなら、ということで
オペラシチー(馬番1)を絡めて以上6点。
 むしろ1番人気を争うハーツクライより
スズカマンボを評価しています。
 人気の一角ハイアーゲームは
右回りでは出番無しと見て切ります。
さて、吉と出るか凶とでるか?

3連服:1−4−15 1−5−15 1−10−15
    4−5−15 4−10−15 5−10−15
各500円
◆結果と言い訳◆
 1着 デルタブルース
 2着 ホオキパウェーブ
 3着 オペラシチー
的中なし


 ・・・コスモバルクハナ差4着か・・・・。
 ここからバルク敗戦のショックを和らげるための
慰めの屁理屈を御覧ください。
 A2C予想ハイアーゲーム出番無し→結果ハイアーゲーム11着
 A2C予想オペラシチー3着までなら→結果オペラシチー3着
 A2C予想ハーツクライよりスズカマンボ→結果ハーツ7着、マンボ6着

 いや〜見事に当たってるじゃないですか
多くの競馬新聞などの予想家がハーツクライを本命にしている中
評価を落としてみたA2Cの予想はなんと的確でしょう!
 デルタブルースがいなければ、馬券も的中じゃないか!(泣)

 デルタブルースね〜、血統的にあり?と一瞬考えたんですが
重賞実績がないのでさすがに無いな、と切ったんだよな〜。
(こういうのを後出しジャンケンと言う))
菊花賞のダンスインザダーク産駒は怖いということか。
 コスモバルク、やはりいってしまいましたが
道中折り合っていたように見えたので「勝てる!」と
思ったんですが・・・・無念。
 でも彼の強さは変わらない!
今後も応援してるぞ、コスモバルク!

<今回の回収>
購入金額:3000円
回収金額:0円


秋華賞
(G機

 2004.10.17
◆予想と理屈◆
 オークス4着も、海外へと渡りアメリカンオークス2着という結果で
世代癸韻梁減澆鮓せつけるダンスインザムード。
 鉄砲も右回りも距離も問題なしと見て本命指名
とはいかずに、経験と安定度なら癸韻糧狃を本命に指名します
本命◎ヤマニンシュクル(馬番16)
 オークス5着以外は全て3着以内(それも右回り)。
常に安定した走りを見せる彼女なら
多少紛れがあっても上位に食い込めますし
逆転のチャンスが一番あると見ます。
 ヤマニンシュクル から馬連で
1番人気ダンスインザムード(馬番2)
得意の京都に期待がかかるスイープトウショウ (馬番11)
紫苑S1位入選(降着で5着)ヤマニンアラバスタ (馬番12)
 ワイドで
ローズS2着グローリアスデイズ (馬番6)
上がり馬レクレドール (馬番15)
まだまだ侮れないアズマサンダース(馬番17)
以上6点。

馬連:2−16 11−16 12−16
ワイド:6−16 15−16 16−17
各500円
◆結果と喜びの声◆
 1着 スイープトウショウ
 2着 ◎ヤマニンシュクル
 3着 ウイングレット
的中馬連:11−16 2180円


 出走18頭中サンデーサイレンス産駒とその孫にあたる馬が
13頭を占めるこのレース。しかし皮肉にも
上位3頭はそれ以外という結果になりました!
(でもウイングレットの母父はサンデーだから14頭かな?)
 スイープトウショウが得意の京都で見事な末脚を炸裂させました。
ヤマニンシュクルも確実に3着以内に入る安定度はたいしたものです。
 1番人気のダンスインザムードは、レース前から発汗が酷かったので
「ひょっとすると・・・」と思いレースを見ていましたが
その通りの結果になりました。
やはりアメリカ遠征の疲れがあったのかな〜?
 馬券は久々の20倍以上で、回収率を盛り返しました!
この調子でなんとか年間100%を目指したい!(志低め)
 さて、次の菊花賞ですが「予想」にはならないでしょうね〜。
確信だと一番イイのですが希望ですから。
 彼がきっと最期のクラシックを制するでしょう!

<今回の回収>
購入金額:3000円
回収金額:10900円


スプリンターズS
(G機

 2004.10.3
◆予想と理屈◆
 三連単導入後初のG汽譟璽垢賄天發裡競魯蹈
ディフェンディングチャンピオンは裂蹄後の鉄砲
春のスプリント王者は右回りにやや疑問符
他の馬もなかなかの実力で激戦必至です。
 ここでA2C本命は
◎シーイズトウショウ(馬番13)
高松宮記念のリベンジと行きましょう。
 現在の逃げ先行天国高速馬場の中山ですが
鼻を切るであろうカルストンライトオには1200mはちょいと長い
 ならば、好位から鋭く脚を伸ばせる彼女を重視します。
 シーイズトウショウから馬連で
ディフェンディングチャンピオン、デュランダル(馬番1)
春のスプリント王者サニングデール(馬番3)
セントウルS1,2着の
ゴールデンキャスト(馬番9)キーンランドスワン(馬番14)
の4点。
 逃げ粘りを期待してカルストンライトオ(馬番5)
 横典の一発に期待して外国馬からフェアジャグ(馬番11)
の2点をワイドで。

馬連:1−13 3−13 9−13 13−14
ワイド:5−13 11−13
各500円
◆結果と言い訳◆
 1着 カルストンライトオ
 2着 デュランダル
 3着 ケープオブグッドホ−プ
的中なし


 グチャグチャの不良馬場になるとは思わなかった・・・。
 そんな中を見事な快走で圧勝のカルストンライトオ
馬場を味方につけたとはいえ、この勝利は
彼の粘り強さがあってこそでしょう。
 終わってみてから思い出しましたが
不良馬場、逃げ、大西騎手、このキーワードは
サニーブライアンの勝った皐月賞、ダービーじゃないですか!
 大雨がわかっていて、これを思い出せば
思い切ってカルストンライトオからいったのにな〜
・・・・・・たぶん・・・・。
 それにしても怖ろしいのは2着のデュランダル
この馬場で最後方から2着まで飛んでくるか普通?
 負けてなお怖ろしい馬だと実感しました。

<今回の回収>
購入金額:3000円
回収金額:0円


宝塚記念
(G機

 2004.6.27

◆予想と理屈◆
 悩み所は馬場状態。
気の早い台風の影響で馬場状態はどうなのか?
土曜日の時点で芝は稍重、天気は曇り一時雨というところ。
渋っていると見た方がいいのかな〜?と判断して
本命◎ローエングリン(馬番4)
思えば一昨年のこのレースで本命に指名
アクシデントにも関わらず3着と健闘(馬券は外し)
距離、コース実績、そして宝塚記念は
G祇貿埖海の馬が初勝利を飾る事が多いレース!
渋った馬場を味方につけ、単騎逃げが決まると見ます!
 ローエングリンから以下の6頭へ馬連流し!
 好位から底力を発揮するか?シルクフェイマス(馬番1)
 こちらも惜敗続きの1頭ゼンノロブロイ(馬番3)
 馬場が悪くなれば有利なザッツザプレンティ(馬番5)
 天皇賞・春の惨敗もこの距離ならリンカーン(馬番8)
 我慢比べになれば侮れないチャクラ(馬番9)
 実績はNo.1のタップダンスシチー(馬番15)
 前期の締めは、的中で!頼むよホント!

馬連:1−4 3−4 4−5
    4−8 4−9 4−15
各500円

◆結果と言い訳◆
 1着 タップダンスシチー
 2着 シルクフェイマス
 3着 リンカーン
的中なし


 勝ったタップダンスシチーの佐藤哲三騎手は、レース前
「逃げるのは3パターンぐらい考えている展開の内、一番下の展開」
と言っていたそうです。
 見事に馬券を外したA2Cはレース後
「3パターン考えていた馬券で、選んだのが最悪の結果になった」
と嘆きました(泣)
 シルクフェイマスから行っていればな〜・・・。
 春競馬はやはり苦手な様です。毎年ダメ。
それでも今年は的中3回だから、マシでしょう。
(回収率については、目を瞑る)
 G祇鐇はひとまずお休み。また秋に。
 秋で取り返そう。

<今回の回収>
購入金額:3000円
回収金額:0円


安田記念
(G機

 2004.6.6

◆予想と理屈◆
 非常に難解です
勝つ可能性を感じる馬が実に多い、多すぎる。
 しかし、彼女がいるのであれば、本命にしないわけにはいきません
 本命◎ファインモーション(馬番1)
 ご存知G毅仮,慮縮鮑廼牝馬。
このところ気性面の問題で力を発揮できませんでしたが
マイル路線転向で徐々に復調。
休み明け鉄砲、という不安もありますが
本来の力を発揮すれば圧勝の可能性も充分といえましょう。
ハイペースでかかるかも?とか
最内で前が開かずに包まれるかも?という事には目を瞑ります(笑)
 彼女から馬連で3点
本格化した遅咲きの6歳、ウインラディウス(馬番5)
スピードはピカイチ、ローエングリン(馬番7)
東京1600mでは負けられないテレグノシス(馬番9)
さらにワイドで
充実ぶりが著しいマイソールサウンド (馬番2)
粘り強い走りと軽量を生かしてメイショウボーラー(馬番10)
安田記念はアジア圏の外国馬が怖いセルフフリット(馬番18)
以上6点。

馬連:1−6 1−7 1−9
ワイド:1−2 1−10 1−18
各500円

◆結果と言い訳◆
 1着 ツルマルボーイ
 2着 テレグノシス
 3着 バランスオブゲーム
的中なし


 予想通りでした!
・・・・何がって?ファインモーションの負け方が(泣)
 やっぱり精神面の弱さがあるな〜、もまれ弱いというか・・・
走る能力そのものは凄まじいはずなんですがね〜。
この結果は(悲しいことに)かなりの確率だと思っていましたが
俺は応援の意味を込めて馬券を買うタチなので仕方ありません。
 次こそがんばれ!ファインモーションと俺!
 勝ったツルマルボーイは8度目の正直でのG祇覇。
鞍上はノリにノってる安藤勝己。
当日の雨で出番は無いと思ってたんだけどな〜
思ったほど馬場に影響が出なかったんだな〜。

<今回の回収>
購入金額:3000円
回収金額:0円


日本ダービー
(G機

 2004.5.29

◆予想と理屈◆
 全ての競馬関係者が目指す頂点、それがダービー。
その最高峰に史上初めて、地方競馬在籍のまま出走する馬がいます。
 何千万、一億という単位で、売り買いされるサラブレット。
その中でたった400万という価格で買われた馬です。
 競馬は血の戦いと言えます。良血と言われる血脈には
そう言われるだけの戦いの記録と実績があります。
しかし、突然その流れに逆らうように勝ち続ける者がいます。
 突然変異?一子相伝?彼はどうでしょうか?
彼は鍛え抜かれ、それに耐え抜き、ここまで駆け上がって来た
そう感じています。
 本命◎コスモバルク(馬番9)。
 高速馬場前残りの展開に屈した皐月賞は、負けてなお強し
一番強い走りを見せたのは、他でもない彼です。
 長距離輸送など、不利な条件も多くはありますが
それさえもはねのけると信じています。
 対抗はNHKマイルCを圧勝したキングカメハメハ(馬番12)
青葉賞を驚異の末脚で快勝したハイアーゲーム(馬番17)
皐月賞馬ダイワメジャー(馬番4)
東京の直線なら力を発揮できるであろうハーツクライ(馬番5)
4頭の馬連に
騎手の腕と距離の実績を買って
ホオキパウェーブ(馬番16)
ピサノクウカイ(馬番18)

の2頭のワイドで、計6点。

馬連:4−9 5−9 9−12 9−17
ワイド:9−16 9−18
各500円

◆結果と言い訳◆
 1着 キングカメハメハ
 2着 ハーツクライ
 3着 ハイアーゲーム
的中なし


 まあ、ピックアップした上位5頭の中で
一番大崩れの可能性を感じてたのはコスモバルクなんですけどね・・・。
 いろいろ不利な点を感じつつも、やはり好きな馬からいってしまうのは
性格だからしょうがないですな〜。
 速いペースの展開で、かかり気味に行ってしまっては
この厳しいレースを勝つことは難しいでしょう。
 さて、勝ったキングカメハメハ。
レコードを2秒縮めるという驚異的な走りで変則2冠を達成!
お前は本当に馬なのか?!と言いたくなる強さでした。
 さて、厳しいレースだった為か、2頭もの馬が骨折したそうです。
マイネルブルックは予後不良。コスモサンビームは骨折。
 マイネルブルックのご冥福をお祈りいたします。
 コスモサンビームについては、個人的な意見ですが
ダービーに出走するべきで無かったと思います。
 本質的にはマイラーだと思うので、出るなら次週の安田記念の方が
ローテーション的にも若干の余裕があったのではないかと・・・。
 コスモサンビームの一日でも早い回復を祈ります。

<今回の回収>
購入金額:3000円
回収金額:0円


オークス
(G機

 2004.5.23

◆予想と理屈◆
 本命◎ダンスインザムード(馬番5)
 桜花賞でその能力が同世代の牝馬から
飛び抜けている事を証明したと言っていいでしょう。
そんなわけで逆らえるはずもありません。
 配当は馬単も馬連もあまり変わらないので
万が一を考慮して彼女を軸に馬連で行きます。
 さて、2着探しなわけですが
今年は天候に恵まれずどうやら渋った馬場になりそう。
 決め手よりはむしろスタミナ重視なのではないかと考えます。
 血統的に完全なステイヤーのヤマニンアラバスタ(馬番6)
に期待しつつ、桜花賞の実績で
 ヤマニンシュクル(馬番7)アズマサンダース(馬番8)
 東京経験を買ってギミーシェルター(馬番9)
桜花賞では本命にしたダイワエルシエーロ(馬番13)
以上の馬連と、以下3頭のワイド
ラグレスロマニー(馬番3)
メイショウオスカル(馬番11)
グローリアスデイズ(馬番16)
以上8点、2点的中狙い!


馬連:5−6 5−7 5−8 5−9 5−13
ワイド:3−5 5−11 5−16
各500円

◆結果と言い訳◆
 1着 ダイワエルシエーロ
 2着 スイープトウショウ
 3着 ヤマニンアラバスタ
的中なし


 なんだよ・・・ダンスインザムード馬体重+14kgって・・・。
 レコード勝ちの次走は消し、という格言(?)もありますが
馬体重+14kg、レコード勝ちの次走
さらに桜花賞の勝ち方が強すぎた(つまりマイラーだった?)
この条件が揃っていれば、消しだったということか?
 競馬は奥が深い、いまだみえませんな。
 勝ったダイワエルシエーロ。桜花賞では本命にしましたが
本命から外したら、こんな結果になってしまいました。
まさか逃げ切り勝ちとは・・・・。
 そういえば母のロンドンブリッジは
スピード自慢の逃げ馬だったな〜。
 う〜ん、奥が深い。

<今回の回収>
購入金額:4000円
回収金額:0円


NHKマイルC
(G機

 2004.5.9

◆予想と理屈◆
 好メンバーが揃った今年の本レース
展開が読みづらい部分もあり、予想が迷うところ・・・
 ならば展開がどっちに転んでも、好走できるであろう、彼を本命に指名!
本命◎コスモサンビーム(馬番1)。
 2歳チャンピオンになった時の様に
内から好位につけて一気に抜け出す走りで
必ずや連帯を果たすと信じてみます。
 馬券は以下4頭に馬連。
 母が制したこのレースに挑むシーキングザダイヤ(馬番5)
(雨が降ったら母同様ダメかも・・・)
 同じ皐月賞組のメイショウボーラー(馬番6)
 鋭い切れ味のキングカメハメハ(馬番13)
 人気薄も切れ味は引けを取らないナイストップボーイ(馬番4)
 さらに以下2頭へワイド。
 左回りの方が安定感があるアポインテッドデイ(馬番7)
 オリヴァー鞍上で大駆けあるか?ムーンシャイン(馬番16)
 今回も2点的中狙い!

馬連:1−4 1−5 1−6 1−13
ワイド:1−7 1−16
各500円

◆結果と喜びの声◆
 1着 キングカメハメハ
 2着 ◎コスモサンビーム
 3着 メイショウボーラー
的中馬連:1−13 1340円


 絶好のポジションと手応えを見せて勝ったか?!
と思った瞬間に南の島の大王外から現れ
5馬身突き放していきました。
キングカメハメハ恐るべし。こんなに強かったか・・・
 予想は見事的中!
 シーキングザダイヤはやはり母と同様、雨が嫌いなのか?
7着に敗退。暴走を考えて外したタイキバカラも暴走(笑)
配当も思ったよりつきました。
 さて次のオークスは・・・2着予想になりそうですな〜。

<今回の回収>
購入金額:3000円
回収金額:6700円


天皇賞・春
(G機

 2004.5.2

◆予想と理屈◆
 「長距離は騎手で買え」
という格言があります。(競馬界限定)
それだけ駆け引きが重要なこの3200mという長距離のレース
この理屈であてはまる人間は、現在の日本ではこの人しかいません
 武豊。では、彼が乗るリンカーンは
このレースを勝つに見合う力はあるのでしょうか?
 結論、本命◎リンカーン(馬番14)
 早くから才能を評価されていた彼
咽の手術を克服し、手術後の2戦をのぞけば連帯率100%
 適正、成長、鞍上を考えれば当然の本命でしょう。
 対抗はリンカーンを含め4強と言われる残り3頭。
菊花賞馬ザッツザプレンティ(馬番1)
2冠馬ネオユニヴァース(馬番11)
そして無冠の実力馬ゼンノロブロイ(馬番16)
以上3頭の馬連。
 ワイドで以下の3頭
父タマモクロス、前で粘ればウインジェネラーレ(馬番7)
5連勝の勢いはどこまで行くか?シルクフェイマス(馬番8)
相手なりに走る力、父アンバーシャダイ母父シンザン
未経験でも血統は完全にステイヤー!カンファーベスト(馬番15)
 以上6点。

馬連:1−14 11−14 14−16
ワイド:7−14 8−14 14−15
各500円

◆結果と言い訳◆
 1着 イングランディーレ
 2着 ゼンノロブロイ
 3着 シルクフェイマス
的中なし


 イングランディーレの大逃げに、上位人気為す術無し!
 お互いを警戒し、行くことができない人気馬達。
それをしり目に見事な逃走劇で3200mを逃げ切ってしまいました。
 横山典弘騎手の思い切った戦法がはまり
ほとんどの馬が実力を発揮することができず!
 これぞ展開の妙!展開の怖さを見せつけられる一戦でした。
 結局かかり気味に前に行ったゼンノロブロイが
上位人気4頭では先着だもんな〜。

<今回の回収>
購入金額:3000円
回収金額:0円


皐月賞
(G機

 2004.4.18

◆予想と理屈◆
 マイネル、コスモ軍団vsサンデーサイレンス産駒
こんな様相の今回の皐月賞。
 中でもサンデーサイレンス産駒の大将格、ブラックタイド
1戦ごとに強さを増していく姿はまさに大器。しかし!
そんなエリートを押さえて1番人気を奪おうという馬がいる
公営道営競馬所属、価格は400万だったというまさに雑草!
A2Cの本命はこの馬!◎コスモバルク(馬番18)
 中央に乗り込み芝で3戦負け無し!トライアルでも格の高い
弥生賞を制したその実力は本物だ!
 厳しかった弥生賞の反動があるか?と気になる部分もありますが
応援の意味も込めて本命にします!
 母父はトウショウボーイ、天馬の血脈が再び頂点に
 バルクから前述のブラックタイド(馬番7)
展開的に有利なマイネルブルック(馬番12)の2頭で馬連
以下5頭へのワイドで計7点。
 2000mの経験ならマイネルマクロス(馬番1)
 中山2000mの持ち時計ならフォーカルポイント(馬番5)
 スピードと粘りならメイショウボーラー (馬番8)
 未だ未知数のハーツクライ(馬番16)
 若葉S2着のスズカマンボ(馬番17)

馬連:7−18 12−18
ワイド:1−18 5−18 8−18 16−18 17−18
各500円

◆結果と喜びの声◆
 1着 ダイワメジャー
 2着 ◎コスモバルク
 3着 メイショウボーラー
的中ワイド:8−18 750円


 マイネルマクロスが前に行けず、という意外な展開。
予想外のレース展開を制したのは
なんと10番人気のダイワメジャー!
鞍上は昨年に引き続きミルコ=デムーロ!
 完全な高速馬場前残り展開を上手く利用した見事な勝利でした。
 この展開では後方待機の馬に出番無し
武騎手は直線途中でブラックタイドの手綱を引いてたもんな〜。
 その中で人気を背負ったコスモバルクは
5,6番手から猛烈な追い込みを見せるも1馬身 1/4差まで。
 しかしその後が2馬身差ということを考えると
よくココまで詰め寄ったな〜、と感心する結果でした。
 馬券は元が取れた〜程度ながら一応プラス。
 バルクにはダービーでリベンジを果たして欲しいですね。
 今回は早々にあきらめた、ブラックタイドも怖い存在ですが・・・。

<今回の回収>
購入金額:3500円
回収金額:3750円


桜花賞
(G機

 2004.4.11

◆予想と理屈◆
 激戦必至!優勝候補目白押しの今年の桜花賞
その中で本命にするにはどの馬がいいのか?
 桜花賞の行われる阪神コースは特殊なコースのため
若い牝馬達が勝利するには経験が必要ではあるまいか?
 となると阪神経験のないダンスインザムード(馬番9)は少々あやしい
さらに桜花賞は関東馬が勝てないレースとなれば疑問が大きい。
 ムーヴオブサンデー (馬番17)は1600mの経験が無く
不利な外目8枠17番となると本命にするにはもう一押し足りない。
 切れ味癸韻スイープトウショウ(馬番4)は前走の
急激な馬体減、出遅れ癖がネック。
 そこで阪神コース、1600mの経験と実績がある2頭が残る
ヤマニンシュクル(馬番6)ダイワエルシエーロ(馬番18)
そこでタイムの実績で◎ダイワエルシエーロ(馬番18)を本命にする。
 大外枠ではあるが、前に行ってもある程度後からでも実績があり
母は桜花賞2着のロンドンブリッジという事で
この馬の力を信じてみる!
 ダイワエルシエーロから上記有力馬の馬連
さらに下記3頭へのワイド、計7点で勝負!
 開放元年の外国馬マルターズヒート(馬番5)
 チューリップ賞2着アズマサンダース(馬番13)
 大敗の後、好走の実績有りコンコルディア(馬番15)

馬連:4−18 6−18 9−18 17−18
ワイド:5−18 13−18 15−18
各500円

◆結果と言い訳◆
 1着 ダンスインザムード
 2着 アズマサンダース
 3着 ヤマニンシュクル
的中なし


 強い馬にはジンクスなど通用しない!
そう言うかのように直線で尻尾を振りながら余裕で勝利したのは
関東馬ダンスインザムード!
おそれいりました、と言うほか無いですな。
 さて、馬券・・・、ピックアップした馬8頭
内7頭で1〜7着をしめているのになぜ当たりません
か・・・
 3歳牝馬は経験、と言っているんだから
2頭に絞った時点で、経験の豊富なシュクルと判断していれば
ワイドは当たったのにな〜(泣)
 来週も難解な皐月賞、今度は判断間違えずに!

<今回の回収>
購入金額:3500円
回収金額:0円


高松宮記念
(G機

 2004.3.28

◆予想と理屈◆
 実力と実績は文句無く昨年の最優秀短距離馬
デュランダルではありますが
小回り平坦の中京コースでは1歩届かず
なんてこともあり得るのではあるまいか?
 ここは内目の枠から5,6番手の好位に付けて行ける馬で
安定感のある馬からの方が得策だと考えます。
 本命◎シーイズトウショウ(馬番7)
 中京実績、1200mの安定感、このところの堅実な走りを考えると
3着以内は確保してくれると見て
この馬を中心に以下4頭の3連複で勝負!
 ハナを切れば粘れるか?ギャラントアロー(馬番2)
 中京1200mのエキスパートサニングデール(馬番3)
 切れ味鋭い実力、実績癸デュランダル(馬番8)
 G誼ゼ荳埜紊離船礇鵐垢亮糠阿実るか?テンシノキセキ(馬番15)
 以上6点!

3連複:2−3−7 2−7−8 2−7−15
    3−7−8 3−7−15 7−8−15
各500円

◆結果と言い訳◆
 1着 サニングデール
 2着 デュランダル
 3着 キーンランドスワン
的中なし


 中京1200mのエキスパートが、ココしかない!
という舞台で遂にG祇覇!昨年の屈辱を果たしました。
 それにしても2着のデュランダル、怖ろしい末脚です・・・
中京の短い直線、最高峰からまさに「飛んで」きて
クビ差まで迫ったのはデュランダルだからできた芸当でしょう。
 敗れてなお強し!
 我が本命シーイズトウショウは・・・
クビ差クビ差で5着か・・・。惜しい・・・・
 3着のキーンランドスワンは大外なので外したんですが
3着に来るとは・・・・侮ったな〜。

<今回の回収>
購入金額:3000円
回収金額:0円


フェブラリーS
(G機

 2004.2.22

◆予想と理屈◆
 日本のドンは東京1600mを滑走路にして
世界のドンへと羽ばたくでしょう。
 というわけで本命◎アドマイヤドン(馬番10)で鉄板
 昨年の同レースは不利を受けて惨敗も
その後の充実ぶりはもはや説明しようがないというもの。
JCダートはハナ差で敗れたものの、後続を5馬身引き離していますし
勝ったフリートストリートダンサーはいないとなれば勝ったも同然!
 というわけでアドマイヤドンを軸に
1600mのダートなら期待していいサイレントディール(馬番1)
スピード勝負ならユートピア(馬番4)この2頭への馬単。
 以下4頭にワイドで、あわよくば2点的中!
 前走の出遅れから刺しきった脚に期待シャドウスケイプ(馬番5)
 近走mp復調ぶり、鞍上の腕でノボトゥルー(馬番7)
 ダートでは安定した成績のストロングブラッド(馬番14)
 成長著しいタイムパラドックス(馬番16)
以上6点!

馬単:10−1 10−4
ワイド:5−10 7−10 10−14 10−16
各500円

◆結果と喜びの声◆
 1着 ◎アドマイヤドン
 2着 サイレントディール
 3着 スターリングローズ
的中馬単:10−1 710円


 終始外目を回りながら最後にはキッチリ1/2馬身差しきるという
まさに横綱相撲でアドマイヤドンの快勝です!
 このままドバイでも勝ち、世界のドンになって欲しいですね。
 馬券も儲けささやかながらも的中。
3連複にしようかとも考えていたのですが
それだと外していたので、馬単にしておいてよかった〜と
ホッとしております。
 このまま今年は回収率100%キープで!

<今回の回収>
購入金額:3000円
回収金額:3550円



▲A2Cの競馬点トップへ
▲トップへ