本文へスキップ

脳血管疾患の後遺症により障がいになられた方々の、機能訓練・社会参加を目指します。

電話でのお問い合わせは
        TEL.045-453-5433

〒221-0044
    横浜市神奈川区東神奈川1-29

活動センターCENTER

定期的な外出・社会参加を希望の方のためのプログラムを行っています。
仲間とふれあいながら、生活訓練、創作活動、地域との交流などを通して、地域の中で自立した生活を目指して活動しています。

月曜日〜金曜日 10:00〜15:30
土曜日、日曜日、祝祭日、夏期/年末年始は、お休みです。

一日の流れ

教育方針イメージ
10:00 朝の会(日直当番が司会進行)ストレッチ体操。
10:30 作業開始(途中で5分間の身体ほぐし)。
11:55 あとかたづけ。お口の体操。
12:00 昼食。休憩。
13:00 作業開始(途中で5分間の身体ほぐし)。
15:00 作業終了。お茶。
15:10 帰りの会。掃除。
15:30 帰宅。

日中活動の場を支援しています。定期的な利用によって、生活のリズムを整えます。

主な作業は、牛乳パック再生(スツール、座いす等)、古布再生(ぞうり、さき織り、小物等)、縫製(ふきん等)、パソコン(名刺作成、広報誌作成等)です。


これらの作業によって作成した製品は、バザー等で販売しています。その売上金額を出席日数により四半期ごとに分配しています。(平成29年度は、平均一日当たり180円)

作業以外の活動

【学習・レクリェーション】
パソコン教室、スポーツ(ボッチャ、グランドゴルフ等)、水彩画、野外散策、バスハイク、音楽療法、
料理教室、 食事会、講演会参加、広報紙作成
【地域交流】

バザー参加、反町ふれあいサロン販売担当、お花のデリバリー、他センターとの交流、
ハマロードサポーター
【委員会活動】
活動内容の企画等は、各委員会で話し合い決定しています。
製品・レクスポ・保健・広報の4つの委員会があります。
【その他】
避難訓練(年2回)、面談・支援計画(年1回)、家族会


製品の紹介

作業は主体性をもって、個人の興味や目標などを考慮して行っています。
主なものは、牛乳パックを利用して作成したスツールや座いす、古布を利用した布ぞうりやさき織り製品等があります。また刺子ふきんや、パソコンを利用した名刺・一筆箋など数多く作成しています。
       

令和6年度 年間行事と月間予定表

内 容 詳細
4月 理事会・総会 PDF
5月 野外散策 PDF
6月 リワークまつり PDF
7月 夏の食事会 PDF
8月
9月
10月 バスハイク
11月 理事会
12月 冬の食事会
1月 周年記念行事
2月 次年度計画、面談
3月 理事会

information

〒221-0044
横浜市神奈川区
東神奈川1-29
東部地域療育センタービル1階

TEL&FAX.
045-453-5433