since Aug. 31, 2011

◆  はじめに  ◆

 東日本大震災で被災された皆様に心よりお見舞申し上げます。

 タイトルに有るように、安全な自然エネルギーの利用とFMチューナーを用いた放送電波の観測による地震前兆の捕捉を目 指しています。

 
 公開している受信レベルは神奈川県横浜市内にある住宅で24時間連続で観測中の、通常は電波が届かない遠隔地からのFM 放送の受信レベルです。 最新データは上の「FM受信レベル」のページをご覧下さい。

システム外観 

  3年あまりのブランクの間、受信装置の改良を少しずつ続けて参りましたが、このほど2組の新しいチューナーと4−20mA電流伝送装置が完成し、

約6年間継続した前回 (2008年6月末で休止) と同様の受信レベルの公開が可能になりました。 所謂地震予知という段階では ありませんが、 地震に関連する種々の変化を知る手段の一つとしてデータの公開を再開することに致しました。


 都会での電波の観測は困難であると思われがちですが、通常は意外にノイズの少ない状態で観測可能です。 ただし、電気機器などに よって放送波でないノイズ電波が受信されることもあります。 このため、周波数が異なる2つの電波を受信することによって、可能な限 りノイズと放送波とを区別するようにしています。 遠隔地のFM放送の周波数ですので、通常は背景ノイズ電波が受信される状態です が、瞬間的或いはある期間に亘って放送電波が届く場合が有ります。